辰巳JUNKエリア

ニワカを極めるブログ

『マスターオブゼロ Season2』ラストの解説と批判

f:id:outception:20170720165201p:plain

 Netflix製作ドラマ『マスターオブゼロ Season2』の製作者たちによるラストの解説を紹介する。加えて、作品に向けられたネガティブ批判、そこからの個人の見解を記す。Season1の感想はこちら

【※ラストのネタバレあり】

解説:宙吊りエンド 

 シーズン2のラストについて、アジズアンサリはEWにこう語っている。 

「ラストは曖昧なままにし、人々の解釈の自由にしたかった」

「ある人はあれを夢と言うし、他の人は事態は好転したと言い、また別の人は酷い展開だと言う」 

 つまり『マスターオブゼロS2』のエンディングはクリフハンガー(宙吊りエンド)なのだ。明確な答えは出ていない。想像は視聴者それぞれに任されている。一方、フランチェスカ役のアレッサンドラ・マストロナルディ、共同プロデューサーのアラン・ヤンは更なる詳細を同EW記事THRで語っている。 (以下、抄訳&意訳)

ヤン: 「そして貴方はどう感じるべきか」みたいな終わり方は望まなかった。彼らは一緒になったのか、ならなかったのか。パーフェクトか、悲しみか。そういう世界には住みたくなかった。だから、我々は違う道を試みた。何が起こっているのか観客に思考を追いつかせない唐突なカットを気に入りました。

マストロナルディ:終わり方には沢山の案があった。最初アジズはとても悲観的だった。「彼女がデフを選ぶチャンスはゼロだ」。最初はフランチェスカは確実にピノを選ぶ予定だった。だから言ったの。「貴方はもう少し自信を持つべき!彼女はあなたに恋してるのよ!」それで我々は選んだ。そして、あるポイントで、アジズはオープンな最後を残したがった。 

  • 没になったエンディング案

マストロナルディ:Season1と似たラスト。フランチェスカはピノを選んだ。飛行機に乗ったデフは、1話で無くした彼女の番号を発見する。だが、視聴者は1話のキャラクターを思い出せないと考え没に。最終的に我々が選んだ案が恐らくベスト。オープン・エンドだが、部屋に孤独が溢れている。視聴者が感じたがっているフィーリングです

  • レイチェルとの再開

ヤン:新たな恋をしたデフが元恋人と再開する。デフの心が落ち、今まで以上に孤独を感じ夜の街を徘徊していた時の再開。とてもいいアイデアだと思った。かつては長い間感情的な支えだった人物が、今はもうストレンジャー。ゴイテの曲名通り「私が知っていた誰か」。もう一度お互いを見つめ合うつもりは無い。交わすのは世間話。強烈な流れだ 

批判と感想:夢のような女性、または夢を見ていた2人

f:id:outception:20170526150353p:plain

 『マスターオブゼロS2』はエミー賞ノミネートを果たす高評を得た。一方でネガティブな批判もある。TheCUTでアナ・シルマンはこう書いている。 批判:『リード女性キャラのフランチェスカにパーソナリティ(人格)を与られていない』。 本シーズンでは多くのヨーロッパ映画をオマージュしているが、イタリア人役のフランチェスカもまた、1つの定型化した「ヨーロッパの妖精の女の子」然としている……そうネガティブ批判されている。シルマンは、彼女は「デフにとってのファンタジー」のようだと呈している。

 私自身もシルマンの批評と似た印象を受けた。クラシック映画のオマージュ演出が強いことにも引っ張られているが、ウォン・カーウァイを引用したシーンは本当にデフが見た夢みたいだ。多様な登場人物が多い『マスターオブゼロS2』でフランチェスカだけが「デフの夢のようなキャラ」なのだ。つまりは、フランチェスカだけ作品から浮いている印象があった。これからは、シルマンの批評とは別の、個人的な感想に入る。

 デフはフランチェスカに夢を見ていた。 では、夢を見ていたのはデフだけなのだろうか? 私が感じるのは、デフのみならずフランチェスカも夢を見ていた可能性だ。彼女は1ヶ月のNY旅行をしていた。人生の様々な責任から遊離した1ヶ月のNYCなんて最高だ。だから、フランチェスカはNYという街に恋をした。イタリアにいる時より言動がふわふわと幻想的だった傾向は考えられるかもしれない。彼女自体が“幻想的なモード”に入っていた*1フランチェスカが幻想的な態度をとればとるほどデフが抱いた彼女への幻想も加速していく。デフはフランチェスカに夢を見て、フランチェスカはNYという街に夢を見ていた。2人とも夢を見ていた。2人のそれぞれの夢は旅行の終了によって否応なく終わらせられる。次に2人に降りかかるものは現実だ。『マスターオブゼロS2』は、「夢が終わったあと」を一瞬だけ映して幕を閉じる。2人の現実がどうなるのかはわからないが、旅行期間中ほど幻想的で“夢のよう”ではないだろう。

【前シーズン記事】

outception.hateblo.jp

 参考資料

Master of None season 2 ending explained

'Master of None' Season 2 Finale Explained | Hollywood Reporter 

Aziz Ansari's 'Master of None' returns — less impressive but still enviably chill - Chicago Tribune

Master of None Fails to Give Its Female Lead a Personality

Master of None: Every Film Reference in Season Two, From A–Z

*1:逆に、シーズン冒頭、ローマにいたデフも“幻想的なモード”だったかもしれない。まるでイタリアの古典映画のようなローマ生活。地元で慣れ親しんだ親友が来るまでは