読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

辰巳JUNKエリア

ニワカを極めるブログ

社会&情報

村上春樹が語る国際人気の理由 / 真実が死んだ世界の『騎士団長殺し』

村上春樹がみずから語った「自作の国際人気の理由」を紹介する。彼は、国々の社会情勢がムラカミ作品の需要を作ったと語っている。又、インタビューから8年経った2017年に出版された『騎士団長殺し』がいかに国際社会、および人々の精神とつながっているかの…

トランプ派も賞賛したレディー・ガガのアンチ分裂ハーフタイムショー

第51回スーパーボウルで行われたレディー・ガガのハーフタイムショーが話題だ。民主党派のみならず、共和党議員やトランプ支持者まで政治的観点から賞賛している。もしかしたら、ガガが願ったのは「アンチ・トランプ」ではなく「アンチ党派分裂」だったのか…

ハンガー・ゲーム FINAL: レボリューション★★★★イラク戦争のメディア戦略

『ハンガー・ゲーム』はメディアの物語だ。メディアに纏わり付かれた主人公カットニス・エヴァディーンは「ヒーロー」ではなく「広告塔」、そして「戦争の被害者」である。イラク戦争を発端に開始された本シリーズは巧みに「戦争下のメディア戦略」を描き、…

私的VMA最優秀賞ビデオ政治部門 Nicki Minaj『Anaconda』/Kendrick Lamar『Alright』/ Rihanna 『Bitch Better Have My Money』

フェミニズムとブラック・リブズ・マターの年である。noicey by VICEによると、昨今のアメリカ音楽シーンにおけるフェミニズム活性化の契機となったMVは2013年のロビン・シック『Blurred Lines』、マイリー・サイラス『We Can't Stop』。VMAはそれぞれを2013…

リアーナ『Bitch Better Have My Money』が明示したフェミニズムと人種差別の衝突/暴力の時代とブラックスプロイテーション映画の復活

2015年7月1日にリリースされたリアーナ『Bitch Better Have My Money(以下BBHMM表記)』が議論を巻き起こしている。動画冒頭で告知されるように、未成年禁止レイティングで、性的かつ暴力的な映像が続く。ここまで過激なら議論が生じても不思議ではないが…

危険ドラッグ業の概要 暴力団&中国との関係 謎の北朝鮮

一ヶ月で15人の使用者を死に至らしめた「ハートショット」事件から少し経ち、日本の危険ドラッグは衰退フェーズに入ったらしい。厚労省麻薬取締部が法的拘束を強めた為、「逮捕されやすい犯罪」を避ける半グレ集団たちが撤退した。これが本当なら日本は「世…

危険ドラッグ業から退いた半グレは金密輸に走る/でも堅気には戻れないワケ

溝口敦『危険ドラッグ 半グレの闇稼業 (角川新書)』によると、2015年現在、危険ドラッグ業は法規制により商売しにくい状態らしく、それをシノギにしていた半グレ達は、2013年頃から「金インゴット密輸」に走ったらしい。この密輸は、一時「ド素人でも4年で…

マイルドヤンキーの「地域&仲間主義」は貧困起因

マイルドヤンキーは地元&仲間愛が強い。これが現在のマイルドヤンキーへのイメージだが、それは何故なのか?大きな要因は地方の低賃金、低所得だ。この2つで、一般的に挙げられるマイルドヤンキーの特性は説明がつく。 1.マイルドヤンキーの概要 一般的に…

人間の論理と直観〜うんこカレーに潜む二重過程モデル〜

人間は「直観」から逃げられない。幾ら論理的であるとされる「推論システム」のみで思考しようと努めても、“理屈に合わない”と感じる行動を促す「直観システム」には抗えない。それをカレー&うんこで説明します。(本文1,767字) 1.カレーとうんこカレー 「…

将来のことを考える為の物質・セロトニン

1.何故自殺する人は非合理的選択である死を選ぶの? ブラック労働による自死。悲しいことに他ならないわけですが…。その報道の際に対し、このような声が散見される。「生きる為に金を稼いでいるんだから死ぬぐらいなら会社を辞めた方が合理的だ」。つまり…