辰巳JUNKエリア

ニワカを極めるブログ

書籍

『信仰が人を殺すとき』アメリカの一夫多妻制の町と神聖な殺人

ジョン・クラカワーによるノンフィクション書籍。1984年にアメリカで起こった、一夫多妻制を「神聖な教義」とするモルモン原理主義者による殺人事件。犯人は動機を「神の啓示」だと語った。殺人を神聖な行為として語る男の裁判は、いつしか「信仰」をめぐる…

村上春樹が語る国際人気の理由 / 真実が死んだ世界の『騎士団長殺し』

村上春樹がみずから語った「自作の国際人気の理由」を紹介する。彼は、国々の社会情勢がムラカミ作品の需要を作ったと語っている。又、インタビューから8年経った2017年に出版された『騎士団長殺し』がいかに国際社会、および人々の精神とつながっているかの…