2021年メディア寄稿集

2021年メディア寄稿リストです。

ご依頼など、なにかございましたら下記メールアドレスにご連絡ください。

tatsumijunk@gmail.com

ご依頼の際にはおおむねの納期と報酬額を記載いただけると幸いです。

 

 

noteをフォローしていただくと新記事毎にフィード表示されます ↓

うまみゃんタイムズ|note

 

今年、BTSグラミー賞を獲れないかもしれない理由(と獲れるかもしれない理由)

 BTSグラミー賞を受賞できるのか?有利&不利な点を6つ考察しました。結論としてはノミネーションだけで快挙なのですが、USで強い楽曲自作&謙虚な好印象、オールド疑惑な「最優秀ポップ・デュオ/グループ・パフォーマンス賞」部門の傾向、アーティスト側の戦略文化などオタクな考察になってます

17歳の新人、オリヴィア・ロドリゴがいきなり記録的ヒットになった理由 (UdiscoverJP)

 デビュー曲にして記録級ヒットになったオリヴィア・ロドリゴ「drivers license」について書きました。テイラー・スウィフト継承と言うべき歌詞&ロードを想わせるインディポップ作曲&ディズニー公認の歌唱力が合わさり、若手歌手の三角関係恋愛ミステリが話題沸騰に

皆、激おこ! グラミー賞を真っ向から批判したアーティスト12 (ELLE JAPAN)

 グラミー賞を批判した音楽スター12人を紹介しました。鉄板のアデル、カニエ・ウェスト、ドレイクの放送事故から新人にして批判演説したデュア・リパ、The Weekndより前に不正疑惑を噴出させたジャスティン・ビーバー、金づち持込みを計画するフィオナ・アップル、8年来の怨みを爆発させたニッキー・ミナージュetc

〈サイン・マガジン〉のライター陣が選ぶ、2020年のベスト・アルバム、ソング&映画/TVシリーズ5選 by 辰巳JUNK (The Sign Magazine)

 2020年ベストとして音楽TVの流れを振り返りました。疲弊した年末に書いたので王道娯楽至高!ノリになってますが、映像ストリーミングは「PeakTVオルタナティブ」とか色んな逆流が見られて興味深かったです。各5位は定番に、泥臭い"RainonMe"と陰謀論ウォッチメン

多様性をアップデート! 今観るべきスクールムービーBEST10 (ELLE JAPAN)

 2018〜2020年の社会派要素あるアメリカのスクールムービーを10個紹介しました。SNS中毒『エイス・グレード』やBLM『ヘイト・ユー・ギブ』、痛快フェミニズムな『ブックスマート』、異性愛規範を描く『Love, サイモン』、同性愛差別的な宗教施設『ミスエデュケーション』、フェイクニュースとの戦い『スパイダーマン ファー・フローム・ホーム』からメンタルヘルス問題『最高に素晴らしいこと』、スポーツ特待制度『アマチュア』、逆に意義苦しいリベラルの属性レッテル『ルース・エドガー』や保守派高校生ドキュメンタリー『ボーイズ・ステイト』まで

 

2020年メディア寄稿集

2020年メディア寄稿リストです。

ご依頼など、なにかございましたら下記メールアドレスにご連絡ください。

tatsumijunk@gmail.com

ご依頼の際にはおおむねの納期と報酬額を記載いただけると幸いです。

各媒体プロフィールページ

CINRA.NETCosmopolitan JapanELLE Japan, Real Sound, クランクイン!文春オンライン 

 

多様性をアップデート! 今観るべきスクールムービーBEST10 (ELLE JAPAN)

 2018〜2020年の社会派要素あるアメリカのスクールムービーを10個紹介しました。SNS中毒『エイス・グレード』やBLM『ヘイト・ユー・ギブ』、痛快フェミニズムな『ブックスマート』、異性愛規範を描く『Love, サイモン』、同性愛差別的な宗教施設『ミスエデュケーション』、フェイクニュースとの戦い『スパイダーマン ファー・フローム・ホーム』からメンタルヘルス問題『最高に素晴らしいこと』、スポーツ特待制度『アマチュア』、逆に意義苦しいリベラルの属性レッテル『ルース・エドガー』や保守派高校生ドキュメンタリー『ボーイズ・ステイト』まで

政治にも侵食するセレブ文化 2021年、アメリカはどこへ向かうのか (BLOGOS)

2020年アメリカ社会の動向をセレブリティから振り返りました。『Imagine』合唱が不評だったパンデミック、大企業への批判も目立ったBLM、そしてセレブからも熱烈支持された民主党左派が躍進した大統領選挙レースから、社会の格差がより目立った一年に。来年も波乱?

チェスプレイヤーが5倍増!? 「クイーンズ・ギャンビット」が2020年のネトフリ全米1位になった理由 (ELLE JAPAN) Netflix大人気ドラマ『クイーンズ・ギャンビット』おすすめポイントを紹介しました! 王道な面白さ、男性社会で戦う女性構図、複雑な親子関係の基本から、ファッションやインテリアの意味合い、主人公モデル疑惑の天才チェスプレイヤーなど鑑賞組向け情報も書いてます

ハリー・スタイルズの米VOGUE表紙。喚起した議論とその背景を紐解く (CINRA.NET)

 ハリー・スタイルズがロングドレスを着用したVOGUE表紙の議論を出発点に、近年の男性スターによるジェンダーニュートラルファッション旋風について書きました。ヤング・サグなどラップで盛り上がった経緯、ハリーの「ただ楽しむ」姿勢……背景にはアメリカ若年層での需要拡大?

<コラム>デュア・リパ『Future Nostalgia』から紐解く、新世代のポップ・アイコン像と根底にあるジェンダー・イクオリティへの想い (Billboard JAPAN)

 アルバム『Future Nostalgia』を軸にデュア・リパについて書きました。現実逃避テーマでパンデミック下「自粛の女王」になった理由、「ポップの救世主」と謳われたダンスポップの基盤はレジェンダリー・アーティストへの郷愁とモダン復古、そして打ち立てられたフェミニズム計画etc

 

BTS、ザ・ウィークエンド……『第63回グラミー賞』ノミネートへの賛否 「BIG4」選出に必要な要素と求められる透明性 (Real Sound)

 波乱な2021年グラミー賞ノミネートについて書きました。BTSは期間&システム的に「勝負は来年」かも?一方、「不在ゆえに主役」となってしまったThe Weeknd。スターたちから怒りの声があがるどころか、不正疑惑も再燃。アワードとTVビジネスのバランスの難しさも……

TikTokで人気、「ラリった初音ミク」ことアシュニコの魅力を辰巳JUNKが解説 (Rolling Stone Japan)

 TikTokヒットを飛ばしたアシュニコ/Ashnikkoについて書きました。「ラリった初音ミク」と呼ばれるアニメ&ゲーム的ビジュアルで凶悪なフェミニズムを発信するトラップアーティストですが、16歳になるまで女性アーティストしか聴かなかった筋金入りで、次回EPはアヴリル・ラヴィーンブリトニー・スピアーズなど00sDIVA祭りetc

この冬始める洋書習慣プロ激オシの名作5選 (CNN ENGLISH EXPRESS 2020年 12月号)

公式: https://ee.asahipress.com/latest-issue/

 発売中「CNN ENGLISH EXPRESS 2020年 12月号」の洋書特集に参加しております!マーベルや『スターウォーズ』、ピクサー&ジョブズとの裏話も知れる『ディズニーCEOが実践する10の原則 ("THE RIDE OF A LIFETIME")』を紹介しました 

米大統領選直前。様々な立場からミュージシャンも投票呼びかけ (CINRA.NET)

 大統領選挙前のアメリカで投票を呼びかけるミュージシャンについて書きました。熱気のなか、激務や投票抑圧で「投票に集中できない」心情を歌ったジェネイ・アイコ、中年セレブたちの「初めての投票」告白、選挙に行くか迷う有権者に歌うBonIverジャスティン・ヴァーノンなど

東京BABYLON』アニメ化で再注目! CLAMP 未完の大作『X』に描かれた、90年代の不安 (Real Sound)

 

 『東京BABYLON』アニメ化報と共に盛り上がったCLAMP未完の大作『X』について書きました。世紀末の東京を舞台にするダークファンタジーには「1990年代の日本」観の片鱗?地球の運命と共に揺らぐ登場人物の「想い」に散見される共通点、CLAMPのコメントや18巻の続きなど

未来に希望を見出すために:コロナ禍でも成長し続けるアーティストたちから学ぶべきこと (WIRED.jp)

 コロナ禍&BLM拡大のなか大統領選挙前のアメリカで変化を求めて行動する若手ミュージシャンについて書きました。「希望を抱くこと自体が絶望的」な世界で新曲"my future"と共に成長を遂げた「政治嫌い」のビリー・アイリッシュ中心に、リル・ベイビーやホールジーなど

第四次韓流ムーブメント来たる――無双〈NiziU〉の快進撃! K-POPに心酔する10代 (月刊サイゾー2020年11月号/サイゾーpremium)

 「月刊サイゾー2020年11月号」およびプレミアムweb掲載された『第四次韓流ムーブメント来たる――無双〈NiziU〉の快進撃! K-POPに心酔する10代』にて取材協力のかたちでコメント寄せさせていただきました。自分はアメリカのエンタメシーンや受容環境の変化について語ってます。

Netflixオリジナルドキュメンタリー『監視資本主義:デジタル社会がもたらす光と影』|SNSが基盤となってしまった時代の抱えるジレンマ (FNMNL)

 Netflix 配信ドキュメンタリー『監視資本主義:デジタル社会がもたらす光と影』について書きました。「人を操る」ビックテックのビジネスモデルを暴き、SNS退会ムーブメントを発生させてFacebook社まで反論記事をリリースした話題作。一方、その内容と演出に批判も。

続きを読む

著書『アメリカン・セレブリティーズ』発売&試し読み

f:id:outception:20200426202653j:plain

20組のセレブリティからアメリカ社会を探求する書籍『アメリカン・セレブリティーズ』(スモール出版)が発売致しました。素敵なイラストは澁谷玲子さんに描いていただきました(note / Tumblr)。一応、SNSなどのハッシュタグは #アメセレ としています。

通販ページ: Amazon , 楽天ブックス , honto , セブンネット , e-hon , 紀伊國屋書店 , TSUTAYA

<目次>

f:id:outception:20200430182520j:plain

 

5章ほど全文公開もしております。何卒宜しくお願いします。

 


 

 

アメリカン・セレブリティーズ

アメリカン・セレブリティーズ

  • 作者:辰巳 JUNK
  • 発売日: 2020/04/30
  • メディア: 単行本(ソフトカバー)
 

 

 

プレイリスト 『アメリカン・セレブリティーズ』の音楽

 

https://mf.awa.fm/2zzHJ89

 オフィシャルユーザーを務めさせていただいている音楽ストリーミング・サービスAWAにて自著『アメリカン・セレブリティーズ』専用プレイリストを製作いたしました。ビヨンセカニエ、テイラー、アリアナら各章の主人公は勿論、チェインスモーカーズやエミネム、Jコール、『スターウォーズ』など文中登場する作品も網羅した55曲!

 文中登場する関連楽曲を中心に章順で並んでるので、読書BGMにすると色々わかりやすいはずですし、お読みになるかお迷いの方はまずお聴きになって雰囲気をお確かめになるのも◎。

 

ポップシンガーやラッパー、ハリウッドスターなど、合計20組の有名人を通してアメリカ社会について探求した辰巳JUNKによる書籍『アメリカン・セレブリティーズ』(スモール出版)。レディー・ガガカニエ・ウェスト、リアーナにビリー・アイリッシュ、映画やTVドラマの挿入歌など、各章で紹介される音楽を並べたこのプレイリストを聴きながら読めば、より深みのある読書体験が送れるはずだ。 

こちらのプレリリースでは、長めのコメントも寄せております。

news.awa.fm

 

書籍『アメリカン・セレブリティーズ』発売中 
アメリカン・セレブリティーズ

アメリカン・セレブリティーズ

  • 作者:辰巳 JUNK
  • 発売日: 2020/04/30
  • メディア: 単行本(ソフトカバー)
 

 

 

 

 

【全文公開】 書籍『アメリカン・セレブリティーズ』ためし読み

f:id:outception:20200426233948j:image

 

*2020年4月28日 「レオナルド・ディカプリオ」章追加

noteにて書籍『アメリカン・セレブリティーズ』複数の章を全文公開しております。Amazon購入はこちら。

 

 

レディー・ガガアイデンティティ政治とリベラルなセレブリティ 


ビヨンセ:政治的分断スーパースターの黒人女性らしさ

 

 

キム・カーダシアン:有名なことで有名なインフルエンサー


ジャスティン・ビーバー:セレブリティとキリスト教

 

レオナルドディカプリオ:40億円かけても獲れないアカデミー賞レース

note.com

 

 

アメリカン・セレブリティーズ』ご購入はこちら

アメリカン・セレブリティーズ

アメリカン・セレブリティーズ

  • 作者:辰巳 JUNK
  • 発売日: 2020/04/30
  • メディア: 単行本(ソフトカバー)
 

 

 

 

 

著書『アメリカン・セレブリティーズ』表紙&もくじ公開

2020年4月30日(木)発売の著書『アメリカン・セレブリティーズ』の書影と目次を公開しました。Amazonご購入はこちら。

 

noteにてレディー・ガガビヨンセ、キム・カーダシアン章の全文ためし読みも随時公開中です。


以下、カバーと目次情報。

 

f:id:outception:20200426202653j:plain

 

 

【目次】
まえがき
レディー・ガガアイデンティティ政治とリベラルなセレブリティ
ドナルド・トランプ共和党民主党カルチャーのステレオタイプ
カニエ・ウェスト:暴言王と儲かるビーフビジネス
ビヨンセ:「政治的分断」スーパースターの「黒人女性らしさ」
テイラー・スウィフト:「政治的中立」スターの華麗なるリベンジ
BTS:身近なポップスター
キム・カーダシアン: 「有名なことで有名」なインフルエンサー
ジャスティン・ビーバー:セレブリティとキリスト教
マイケル・ジャクソン:ポップの王様とキャンセルカルチャー
ケンドリック・ラマー:黒人は獲れないグラミー賞
マルーン5とラッパーたち:ロックが死んだ時代のロックスター
リアーナ:過激なフェミニズムアイコン
ワン・ダイレクション:アイドルの交際ビジネス
ブリトニー・スピアーズ:崩壊したアメリカンドリーム
ビリー・アイリッシュ:絶望を歌うティーンエイジャー
アリアナ・グランデ:暗闇の中で光を探すヒーロー
レオナルド・ディカプリオ:40億円かけても獲れないアカデミー賞レース
メリル・ストリープ:#MeTooでは女性も悪役?
ブラッド・ピット:マッチョな男らしさの黄昏
近藤麻理恵:日本文化のスピリチュアリティ需要
あとがき
〈コラム〉
失敗したビーフ
テイラーとカニエの10年戦争
アメリカにおける「アイドル」概念
「七輪」事件と「文化と人種」問題
LGBTQを描かないハリウッド大作

 

Amazonご購入はこちら

アメリカン・セレブリティーズ

アメリカン・セレブリティーズ

  • 作者:辰巳 JUNK
  • 発売日: 2020/04/30
  • メディア: 単行本(ソフトカバー)
 

 

 

4月30日 単著『アメリカン・セレブリティーズ』発売

https://www.amazon.co.jp/dp/4905158753

 4月30日に単著『アメリカン・セレブリティーズ』が出ます!20組のセレブにフォーカスして2010年代アメリカのポップカルチャーや社会事情を追う集大成?的な内容なので良かったらご予約ください握った手 音楽ポップスター多めですがTV映画も有、随時note中心にお知らせします

 

・出版社ページ