読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

辰巳JUNKエリア

ニワカを極めるブログ

危険ドラッグ業から退いた半グレは金密輸に走る/でも堅気には戻れないワケ

f:id:outception:20150721003326g:plain

 溝口敦『危険ドラッグ 半グレの闇稼業 (角川新書)』によると、2015年現在、危険ドラッグ業は法規制により商売しにくい状態らしく、それをシノギにしていた半グレ達は、2013年頃から「金インゴット密輸」に走ったらしい。この密輸は、一時「ド素人でも4年でサラリーマンの生涯賃金を儲けられる」と言われた危険ドラッグ稼業と異なり、手間もかかるし、大規模でないと利益率も悪い。でも半グレ達は暴力団にならぬまま延々半グレであり続け、堅気には戻らない。いや、戻れない。

1.金インゴット密輸の概要と欠点

  金インゴット密輸の概要と欠点について説明する。金インゴットとは、いわゆるこういう物↓。

田中貴金属ゴールドバー純金 20g 田中貴金属発行 金地金 24金 金貨 

 金の値段は全世界一律。これを消費税のちょろまかしで儲ける。世界的に非課税である金は、日本、韓国、インドのみ金の売買に付加価値税や消費税をつける。金インゴット密輸は、この税金分を懐に入れる。香港やシンガポール、オーストラリアなどで金を非課税で買い、税関で申告せず密輸し、日本国内の金取扱店で売却する。そうすると、店側は消費税8%込みで買い取ってくれる為、密輸した者はこの8%が取り分となる。金1キロの価値は現在530万円程度。税額分の儲けは42.4万円。密輸が発覚した場合「無許可輸入」となり、消費税と罰金合わせて金1キロにつき160万円ほど微収される。1人が物理的に運べる量を4キロとすると価値は合計2,120万円となる。儲けはその8%、つまり169万円が儲け(密輸が発覚した場合は単純計算で微収640万)。ただし、税関は持ち込んだ量が少ない初犯なら見逃してくれることが多いらしい。 もちろんこの密輸には遠征費がかかる。しかし、今は日本にもLCCが飛んでいるし、香港ならば日帰りが可能。

 増税も施行されお得な犯罪、ということで、半グレのみならず、暴力団中国マフィアもこの密輸を行っているよう。実際、金の密輸は2010年〜2014年で3倍となっている。2013年7月〜2014年6月の旅客機による密輸品持ち込みの摘発は前年同期比46%増で、過去10年で最多(約50%も増えたこの期間は、危険ドラッグから退いた半グレ達が金密輸に走ったとされる頃と一致)。今日の日本は、まさに金密輸の全盛期と言える。

 こうして見るとお得な違法行為に見えるが、調べると落とし穴がある。まず、日本国内で200万円以上の金取引には身分証明書の提示が必要。「無許可輸入」がバレた場合は税関に2ヶ月もの間没収される。この難関をクリアーする為に外国人などを動員するそうで、つまりは遠征費に加えまた新たな出費が加わる。船で100キロ運ぶと噂される中国マフィアとは異なり、やや大変そうだ。このせせこましい半グレの新シノギに関して、溝口氏は半グレ暴力団も消費税のごまかしに頭を絞るほど、シノギが厳しいわけだろう」*1とコメントしている。

2.半グレ半グレを辞められぬ理由

 半グレたちのシノギは大まかな流れがあるらしい。ヤミ金オレオレ詐欺→危険ドラッグ→金インゴット密輸。彼らは国に指定される暴力団にはなりたくないきらいがあるという。であるならば、1つのシノギが駄目になった際、貯めた大金で表社会で起業なりしても良いはずだ。しかしそれは出来ない。彼らの多くは社会的には無職を通している為、所得税を納めていない為だ。納税ができず銀行積立も出来ない。持ち家などを買って税務所に資金出所を問われたら、莫大な税金を払ったり警察に通報されるリスクが生じてしまう。結果、会社の役員にもなれないし本名で出資もできない。住処も賃貸。

 暴力団対策法および「暴力団が行うようなグレーゾーンではない犯罪稼業」を避ける性質を持つ者が多いとされる半グレ集団。危険ドラッグのような「グレーゾーン」で大金を稼ぎ、そのシノギが駄目になったら他の「グレーゾーン」や「楽な犯罪」に走る。そうしている内に、暴対法を適用されずともオモテ経済に戻れなくなっている。そんな彼らを溝口氏はこう例えている。

ギリシア神話のミダス王は触れた物すべてを黄金に変える力を与えられ、ついには供えられた食べ物、飲み物まで金に変えられたあげく、飢餓に苦しんだと伝えられる。半グレ集団は市井に生きるごく小規模なミダス王かもしれない。

 -溝口敦『危険ドラッグ 半グレの闇稼業 (角川新書)』p.197

 それでも、暴対法に指定されていない半グレ集団の者なら、表社会復帰も比較的容易なのではないか。高齢化が進んでいる暴力団より平均構成年齢は若い*2。無職履歴で就職し、そう目立たぬ賃貸暮らしをすればタンス貯金を保有したままの生活が可能に思える。しかしながら、映画『ウルフ・オブ・ウォールストリート』のような拝金主義と豪遊に一度ドップリ浸かってしまうと*3、表社会復帰意欲のあるなし以前に、生活水準を落とすことは中々難しそうだ。

f:id:outception:20150721013158p:plain

参考文献 

危険ドラッグ 半グレの闇稼業 (角川新書)

危険ドラッグ 半グレの闇稼業 (角川新書)

 

溝口 敦の仕事

旅客機での密輸摘発が過去最多に 全体の6割が韓国から:朝日新聞デジタル

日本で横行する中国マフィア「金密輸」の実態 - ライブドアニュース

*1:引用元 Untitled Document

*2:20代から40代が中心とされる

*3:半グレ集団はキャバクラでの豪遊を好む傾向があると『危険ドラッグ 半グレの闇稼業』に書かれている